素敵な呪文

日々の感想文。気が向いた時に書き散らして気づけば17年目。80~90年代J-POPと7ORDERは多く取り上げます。

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(BL多め)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代の邦楽、7ORDERなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


誰がどうしていつ決めた

 バイオリズムって言葉の意味をよくわからずに、やる気の波を説明する時に使ってしまう。自分はかなり波が激しいほうだと思うけど、恐らくそういう一喜一憂だと身体が持たなくなるような状況がそこまで来ている。自分の仕事とかモチベーションじゃなくて、社会とか世界みたいなマクロ風の状況のほうね。このマクロってのもよくわからずにニュアンスで使っている。


MeRISE

MeRISE

  • アーティスト:Sabao
  • アイビーレコード
Amazon

 Spotifyで聴けるのがこのアルバムのみという勿体無さで。日本でヒスブル(というかTamaとたくや)ほど悲運な不遇を受けたバンドもないなとずっと思っている。実力や魅力が十分あるから。全てが名曲とは言い難くも、楽曲の馴染みやすさとか歌は明らかに同時代の有象無象を飛び越えてますしね。佐久間正英に大ハズレはない。
 このアルバムでセルフカバーしてるのは言わずもがなの超名曲シングルですけど、苦しい時期にもがきながら作った楽曲にも良作が多い。Japanese Dreamで月間グランプリ取った「Reset me」とか、その先バンドが続いていたら或いはすぐにSabãoでやれていたらこういう方向で行きたかったのかなと思わせる「真夏の夜のファンタジー」とか、初期から脱皮した作風も好きですね。10年近くの時を経て残してくれたこのアルバムも、Tamaの嫌味の無い声質とたくやのメロセンスでハタチの頃にひけをとらないアルバムになってます。ずっと2人を精神的にも支えてくれていたであろう佐久間さんが亡くなって、Tamaも表舞台を再び去ってしまって、巷に明るい話題がなかなか流れないですけども、やりたい時にやりたい事をやるだけでもファンはきちんとついていくと思いますよ。ぜひまた聴きたいです。


 価格高すぎ……。