素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


ショートソング/原作:枡野浩一 漫画:小手川ゆあ

ショートソング 1 (ジャンプコミックスデラックス)ショートソング 2 (ジャンプコミックスデラックス)
 たまにはNotBL漫画も読もうと青年誌コーナを散策していたら目に留まり買いました。原作ものはあまり読まないのですが作画があの「死刑囚042」の方だったので、これは面白そうと思い。
 しかし。なんですかこのBL風味!??
 ……「少年よ耽美を描け」の潮の気分です。嘆いても男を追いかける男の漫画に追い立てられてる男(一首読みました)。
 キャラクタがよかった。弱気な童貞イケメン・国友、強気なタラシの名歌人・伊賀の(BLっぽい)掛け合いが楽しく、舞子、瞳さん等の女性陣も皆かわいい反面、女の強かさみたいなものもあって素敵でした。
 また短歌というマイナなテーマで人間ドラマを描こうとする姿勢が素晴らしい。高校生なら単なる青春群像に終わりますが、様々な事情を持つ大人達を配役したことで深みが出てます。同時にどんな人でも歌は詠めるよというメッセージにも思えました。
 ……のに、なぜだろう回を増すごとにつまらなくなった。特に2巻、次から次へと登場する人達がとても個性的かつ重要なファクタになりそうなのに、置き去りにするように頁だけが消化されていくようで、最後も「なんじゃそりゃ」って感じでした。1巻を読んだ期待がデカかっただけに残念です。打ち切りな空気が満ちまくっていて全てのエピソードを描いたとは思えない。今度原作を読んでみます。