素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


キング・クリムゾン

 チームとしては負けましたがカズゴール超きれいでしたね。ワントラップで頭越えはカッコいい……。時にあたり、本当にニクいことをしてくれるなと思います。やっぱみんなのキングですもん!

金魚屋古書店/芳崎せいむ

金魚屋古書店 1 (IKKI COMICS)金魚屋古書店 10 (IKKI COMIX)
 あれ、これまだ紹介してなかったんだ……。
 なかなか古本屋になく、昨日半年ぶりに続刊を買いました。最初この漫画を読んだときは、あまりにも漫画好きが度を過ぎているというか、テーマは最高なのに溶け込めないジレンマがありました。が、さすが続きものパワーで、溌剌とした漫画ファンのキャラ達にいつの間にか嬉しさを覚え、今ではとても好きな作品です。もともとは斯波に始まる男性陣の方が強烈でしたが、回を増すごとに菜月も漫画スキーのテンションに染められていますね。岡留・あゆのセドリ屋コンビの進展も、随所で物語のエッセンスになっています。
 たとえば先の地震に照らして、こんなときに漫画など読めるかという空気はどこかにあると思いますし、そういう人々もこの作品には登場します。ただこの本で語られるのは、本来無力な紙の束が繋ぐ人間ドラマであり、その広がりというか感動は否定すべきものではないです。
 金魚屋に通う人々に比べれば、自分を漫画好きとはとても呼べないのですが、大切な漫画は誰にもあって、僕もひとつでも多くの漫画がそうなればいいなと思いながら漫画を買いたいと、この作品に触れて思ったのでした。
 すぐにでもドラマ化できそうな漫画ですよね。もちろん斯波は谷原章介で決まり。