素敵な呪文

日々の感想文。気づけば3月で16周年。90年代のJ-POPと7ORDERは多く取り上げます。

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(BL多め)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代の邦楽、7ORDERなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


懐かしの学研(それゆけ! 美少女探偵団)

 先日紹介した『なつのロケット』作者のあさりよしとおあかほりさとると混同していましたが(全然違うよ!!)、彼が描いている「まんがサイエンス」は僕も小学生の頃に学研で読んでおり、大好きでした。カメラのファインダーで視線を感知してピントを合わせる話と、苔に棲む無敵の動物クマムシの話は今でもその筋書きをはっきりと思い出せます。同時期の他の話も読みたくなりました。
 当時学研の購読者であった姉は本を読む人ではなかったため付録だけ楽しんで、冊子は専ら僕の読み物でした。月刊歌謡曲の読者ページに大きな影響を受けたことは以前書きましたが、その走りはまさにピコピコサンバとお天気プラザ(天ぷら)に違いありません。小ネタコーナの「うわさのミシュラン」などもありましたねー。


 さて本題です。

 当時「それゆけ!美少女探偵団」という漫画が連載していました。単行本等にはならず、残念なことに作者も今では判りません。でもすごく好きだったんです!面白かった!*1
 まず、ある学校にF4みたいな才女ばかりで結成された探偵団があります。そこへ、特に取り得のなさそうな平凡少女・藤本心が団長に就任して、超常現象とか含めた色々な事件に挑むという粗筋です。
 これを盛り上げるのは勿論“才女”たる団員たちですが、みなクセのある連中で、宝塚顔負けの男気ある美少女・力(ちから)と、可愛らしい美少年の実(みのる)兄妹はその中核でした。エスパー(?)ミコト、ゲームが得意なIT少女キリカなどいたなぁ。また、心と力の関係は友達以上恋人未満な描かれ方で、力が心を大切に思う様は随所に見られ団員みんなが知るところとなっており、最終回のラスト頁は普段クールな力が思い切り心を抱きしめてハッピーエンドでした。今思うと凄い設定……。
 殊に印象深いのは最終回に至るまでの数話。探偵団は非凡なメンバーばかりで容姿端麗のため、学校の女子達にも大人気。そんな中、地味なのに団長を務める上に力と仲が良いのを妬まれて、心が生徒たちから様々な嫌がらせを受けるようになります。下足箱には「団長ヤメロ」と書かれた脅迫状や剃刀が入る毎日。探偵団は団長のために密かにその解決に乗り出す、そんなような……このあたりとても面白かったんですよ。うまく伝わらないかな……あーやっぱり漫画を活字で解説するのは無理がある。

【追記】10分くらいで記憶だけを頼りに雰囲気を落書きしてみたのですが……絵のお上手な人どなたかお手伝い願えないでしょうか…………。

 どっかで手に入らないかなぁ。作者だけでも知りたいのでもしご存知の方は是非コメントなど!

*1:調べたら1994年度の5年の学習らしい。天プラが5年生だったのは覚えがあって、姉の年齢から数えた記憶ほぼ合ってました笑。