素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


賢い犬リリエンタール/葦原大介

賢い犬リリエンタール  1 (ジャンプコミックス)賢い犬リリエンタール 2 (ジャンプコミックス)賢い犬リリエンタール 3 (ジャンプコミックス)賢い犬リリエンタール 4 (ジャンプコミックス)
・科学者の両親と離れて暮らすてつこと兄(日野家)のもとに、未だ見ぬ弟がやってくるという。が、現れたのは人語を喋る犬だった。リリエンタールと名乗る犬は、弟として認めてもらえるよう奮闘するのだが、そのなか奇妙なことが次々起こり始め……。
 なんとなんと、週刊ジャンプ作品です。この日記でジャンプ漫画の感想を書く日が来るとは……。
 いやぁ、面白かったなぁ!!最初まったくかわいくなかったリリエンタール、最後にはもう愛らしくてしょうがなかったです。またコメディの表現力が素晴らしい。現実のお笑い芸人と同じように、ここ最近はテンション芸とか自他を貶めて笑いを取るとか、卑怯なコメディ・ギャグが蔓延っているように思えてなりません。ですがこの漫画はもうまさにハートフルで、「思わず笑みがこぼれる」というような笑いを与えてくれます。
 極悪人がいない点も最高でした。リリエンタールを狙うはずの黒服組織はほとんどがいい人でしたし、人が抱く負の感情をストレートに取り上げていながらも、リリエンタールのひたむきさで解決していき、読後感はどの話も爽快です。これ以上続けるとキャラがどんどん増えそうなので、個人的に全4巻というサイズは正解だと考えてます。まぁ欲を言えば、リリエンタールと日野博士との過去や、兄と令一郎との対峙など、もっと見たい話は山のようですが……。ただ、漫画は読者にもっと続きを読みたいと思わせたら勝ちだとも思います。打ち切りではあるものの、書き下ろしのエピローグなどでしっかりまとめてくれ、とても気持ちの良い漫画でした。
 バトル漫画以外はクズみたいな空気のジャンプで、こんな漫画をしっかり描いていたこの方ほんとうに凄い。次回作ぜったい読もう。
 以前から言っていることですが、僕は週刊ジャンプという雑誌そのものが嫌いなだけで、作品自体には特に何も感じていません。また、この漫画をはじめ、ジャンプの人情モノはかなり良作が多いです。『WILD HALF』や『サムライうさぎ』は好きだったな(どちらも結局てこ入れでバトルと混ぜこぜになりましたが……)。
 今年のベスト入り間違いなしな作品です!