素敵な呪文

感想文

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


雨上がりの彼らについて

雨上がりの僕らについて(1)

雨上がりの僕らについて(1)

 ずっと楽しみにしてた1冊。Twitterで発表された「夏の喫茶店」が元ネタの漫画なんだけど、その時の印象はそのままに、きっちり厚みのある物語に仕立ててあります。単行本派の僕にしては珍しく連載をずっと追いかけていたのは、単純に著者のファンというのを差し引けば、やっぱり二人の関係が丁寧に書かれていったお陰と思います。しかも奏の仕事、俺じゃん……共感しすぎたわww
 らくたさんって明るい人の闇をうまく描くし、それでいて真っ暗な話に持ち込まないのが本当好きです。奏に好意を寄せる女性が登場してしっかり失恋させて(これが実にいい)、その後理解者としてきちんと機能させるのもBLの定番っぽくて良い。てか女性脇役3人みんな素敵だなぁ。多分「夏の喫茶店」に描かれていた「当たり前にいる男性カップル」を真面目に描きたいための措置だとは思うんですが、女性がホント活躍してる。なので男しか見たくない人には不向きかも。ただ、昔馴染の再会とか想いすれ違いが好きな人には自信を持ってお勧めします。1巻ではエロ一切なし。でもそれがよい!2巻以降ではちゃんとやることやるでしょうから今から楽しみです(笑)。