素敵な呪文

日々の感想文。本年3月に15周年を迎えるそうです(他人事)。

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


幸せの色を増やせ!

【Amazon.co.jp限定】ONE【初回限定盤】(メガジャケ付)

【Amazon.co.jp限定】ONE【初回限定盤】(メガジャケ付)

  • アーティスト:7ORDER
  • 発売日: 2021/01/13
  • メディア: CD

 買いました!

 平成を生きてきた人間なので、CDプレーヤーに円盤を乗せてPLAYした時、やはり感慨を覚えました。天下のバーニーグランドマンでマスタリング。さすがメジャー資本は違う……!!! 7ORDERのファンはこういう事にも目が行く人々であってほしいです*1。多数の楽曲を手がけるMusic Junction。誰?検索しても全然情報が無いな。気になる。

 「LIFE」はやはり7ORDERのテーマソングですね。今のところ何度聴いても飽きない。他のどの曲とも重ならないエネルギッシュでエモーショナルな楽曲です。音源でじっくり聴くと「タイムトラベラー」なんかは音数が結構多くて、特にピアノは気持ち良いですね。顕嵐の左馬刻ラップ(笑)が炸裂している「Break It」もカッコいいミクスチャーナンバー。中盤をクールダウンさせる「Rest of my life」は佳曲で、メンバーそれぞれがひと呼吸落とした歌声を聴かせてくれるのも◯。本作のハイライトとも呼べる「27」は真田のルーツがよく解るストレートなロックチューン。静と動が混在する構成ってTM的で俺の大好物。「Perfect」「Make it true」等のダンスナンバーも音源のみで十分耐えうるトラックになってます。


 実は独立というかセルフプロデュース最大の成功って諸星翔希の売り方なんじゃないかと。このアルバムも全体的にモロの歌パートすごく多くて。僕も彼の多彩な声色と安定したヴォーカル好きですし、近頃YouTubeとかTwitter見てもモロのファン増えてんなーってすごく思う。恐らくどっかの事務所に言われるままの活動したらこうはならなかったんじゃないかなと思っていて(絶対モロ目立たなくなる)。ギャグに振るだけじゃない、モロの真の実力を誰よりも買ってるメンバー(特に安井と真田)プロデュースだからこその賜物だなと改めて感じました。「&Y」で全編に渡ってサックスも吹いてるし(これがまたR&Bの濡れた感じを巧く作っていてとても良い)、実は7ORDERのクオリティを上げてる重要人物なんですよね。

 そして、やはりこういった作品を生み出すバランス感覚に優れた安井は凄いな。美勇人がインタビューで言ってた「7ORDER=安井謙太郎」っての本当そう!めっちゃ解る!!って頷きまくりました。だから6人ともついてきたんだよね。世の中ってもっとこういう風になってほしい。長いものに巻かれたりでかい屋根にいたりしたら安心じゃなくて、本当に力と責任感ある人がその他を引っ張って育てていくようなのが幾つもできるような。なんか規模のデカイとこまで話が飛びましたねすいません(笑)。でもそれくらい彼等の前進は、業界や世間に風穴を開けていける活動だと思う。


 改めて、メジャーデビューおめでとう。僕というかリスナーはメジャーだろうと何だろうと関係なく応援していくものなんですけど、多くのお金が動いて経済活動になってることを思うと、やはりメジャーというのは未だ大きいなと感じました。武道館公演も無事終えられて良かったです。大阪の人達も感染対策に気をつけて。

*1:順位とか枚数にばっかとらわれてメルカリで売りまくるバカなファンじゃなくてね。