素敵な呪文

日々の感想文。本年3月に15周年を迎えるそうです(他人事)。

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(特にBL)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代ビーイング、ジャニーズなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


【コロナ最終日】忘れないコヴィドデイズ

 自宅療養最終日。なんかあっという間だった。これだけ家にいる羽目になってもストレスが殆ど溜まることなく過ごせた自分は得な性分だと思う。部屋にTVもPCも無くても全然平気だった。
 明日からの社会復帰に向けて、少し外に出て自転車を漕ぐ。10分くらいで疲れました。オイオイ。


 お気楽すぎな10日間を過ごしたけど、別にコロナを舐めてるとかいう訳じゃなくて。やっぱり周りの人には伝染したくない。それこそ親なんかは自分が罹っただけで同時に軟禁を強いられるわけですからたとえ感染しなくても悪いなと日々感じていました。ただ、マスコミ主導で騒がれ過ぎてるというのもいつも思っていたので、当事者としてこの状況を知れたことはすごく良かった。そう言えるのも自分の症状が軽症で周囲にバラ撒かなかった(発症者がいなかった)がゆえなので、本当にツイてるというか恵まれていると思いますよ。
 感染対策リテラシーみたいなものがあるとすればそれはかなり高まった気はします。自分の中でお金をかけていい分野になった。
 あと、よくコロナ隔離で孤独を感じてうつになる人が多いとか聞くけど、それはもうそもそもの日々の行いが原因でしょう。暴論かもしれないけど的は射ているはずです。人間関係は勿論ですが、どんな仕事を選びどんな土地に住むかとか、そういう全ての事が。だから関係ない事なんてこの世に無いんですよね。自分が鈍感なだけで。コロナに用心するのはこの時世必要なことではありますが、それ以上に自分の生活は独りで成り立たせているものではないという当たり前の事をいつも忘れないでいこうと思ったものです。やっぱヒマだと壮大なことを考えちゃうな(笑)。