素敵な呪文

日々の感想文。気が向いた時に書き散らして気づけば17年目。80~90年代J-POPと7ORDERは多く取り上げます。

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(BL多め)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代の邦楽、7ORDERなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


もう少しお金持ちなら

 最近またここのほうが楽しくなってきた。更新頻度に出てると思うけど(笑)。本当に好きなことを書けるから。日記として15年も続けてきて、もはや自分を確認するアルバムですらあるから兎に角居心地がいい。
 Twitterって日本人が抱く日本人のイメージをどんどん悪くしてると思う。いつも何かに腹を立ててる人か、アイドルの売り込みに必死な人しかいないし。そういうのがトレンドも席巻するからウザすぎて全く見なくなりました。

 森田美勇人(7ORDER)が初主演舞台の千秋楽で「好きなものを好きと言い続けてきて良かった」ってコメントしてたんですが、自分もそうありたいなって刺さった言葉でもあって。なんかこう、好きなものを好きでいられるようなツールを増やしたいですね。いつも手を伸ばすツールだったとしても使い方を間違えるとくだらない人生に導かれてしまう。バカに交わってバカになる。百人一首とか古今和歌集でしたっけ、いいお香を焚いてる人の近くにいるとその人の香りが移ってくるっていう。そっちでありたいです。いっぱいあるんですよ。楽しいことやわくわくすること、魅力的なもの、素敵な人。何とどう関われるかは自分次第。


くちづけだけじゃ君に伝えられない

くちづけだけじゃ君に伝えられない

  • アーティスト:BLOW
  • 発売日: 1994/10/01
  • メディア: CD

 これぞBeingのコピー!沢村大和の雰囲気は完全にT-BOLAN(笑)。シンセシストはTMっぽいですが。
 THE early 90's全開な表題曲で幕を開けると、2曲目は急に皆で合唱系、3~5でシングル収録曲を収める等、LPでいうA面で勝負を決める構成もちょっとTMっぽい。ところが後半はロカビリー風の「薔薇色のジェラシー」や、後期のソリッドなロックスタイルを予感させる「ANGEL NOISE」といった変化球も用意され、さすが従前のバンド活動(Pli:z)は伊達じゃないなと思いました。
 そう言いつつやっぱりデビュー曲「少年の翼」は佳曲で、一発で覚えられるメロディもこの時代ならでは。実力的にもっと売れていいバンドでしたが、兎に角この時代は似たようなグループが山のように出てましたから、この曲がスマッシュヒット(死語)しただけでも良かったです。