素敵な呪文

日々の感想文。気が向いた時に書き散らして気づけば17年目。80~90年代J-POPと7ORDERは多く取り上げます。

何かいいものを求めてます。それらの所感を投げ込みたいときに使う場所です。
2008年12月にいったん終了。1年後の12月に、コンセプトを改めて再開してみました(過去記事はそのままです)。よろしくどうぞ。
書店員を経て出版社に勤める漫画スキー(BL多め)。
その他頻出ネタとしてはTM NETWORK、90年代の邦楽、7ORDERなど。
時事ネタも何かどうしても不特定多数に向かって叫びたいような出来事があれば書いています。


誰でもできるただの取引

 オンラインサロンをやる人がよく言う「価値ある情報」とか「経験の場の共有」とか、それ金払わないとできないの?と思う。別に西野だろうとあっちゃんだろうとGACKTだろうとローランドだろうとホリエモンだろうとどうでもいいんですよ。きっと5年後には皆もう飽きてるだろうから。ただ、どんなに情報を厳選しようが、体験を積み重ねようが、巧く金儲けしようが、所詮それは相対的なもの*1。どれだけ「世間」より賢いかという思い込みが彼らのプライドの担保。いや、旧態依然の隙間をつついては尤もらしい講釈を垂れ金儲けの仕組みを整備してニヨニヨしてる奴よりも、将棋のために退学する人のほうがよっぽど賢いわ。そういう絶対的な意志を感じないんですよね、サロンとかやる人って。それが証拠に僕の周りで中田敦彦YouTubeチェックしてるような奴って、マトモに働きもしないで独善的な自己啓発に励み、口を開けば「俺の知識を共有できない社会はバカ」みたいなこと何年も言い続けてますから……。あとシビアな話、自分を取り巻く人に恵まれてないか、自分が人を無視してるかでしょ。サロンメンバー的な浮動刹那人脈じゃなくて、家族とか友達みたいなもっと深い人間関係ね。そういうのがうまくいってないから人に自分を慕ってほしくなるんでしょうね。それ周りが悪いんじゃなくてお前が悪いんだよって早く気づけよ情報とか世間のせいじゃねぇからといつも思います。

*1:そもそもカネ自体が相対的なもの。